金の純度について

金の魅力

2016年12月09日 18時38分

貴金属は偽物まで出回ってしまうほどのもので、その価値と人気は非常に高いものとなっています。
その人気はやはり、損なわれることの無い価値にあるためなのです。
また新しい金が自然精製されることはほぼなく、希少価値からも金は永遠に高い価値を
保持しつづけるものとなります。
腐食しない金属でもありますので、文字通り金はその輝きを永遠に保持できるもので、
価値を失うことがない本物の財宝といえるでしょう。
古代より財宝、高級品は金で作られ、その価値は現代までずっと変わらずに最高級品の扱いをされています。
それゆえに偽物を本物と言い張り売りさばこうとする業者も出てきてしまう為、
金の偽物には気をつけなければならないようになりました。
素人目線ではなかなか区別のつきにくいものですが、ご家庭で出来る偽物と本物の判別方法もありますので、
ご自宅の貴金属で一度試してみるのをおすすめいたします。
本格的な見極めについてはプロのお任せし、自宅での判断でおかしいと思ったものがあれば、
そのものの真贋だけでも確かめることも可能です。
ご自宅に眠っている貴金属、せめてそのアクセサリーの価値が本物かどうかだけでも
確かめる価値は大いにある
といえるでしょう。
 

金の調べ方

貴金属の偽物もかなり巧妙に作り上げられるようになり、特に金と比重の近いタングステンを使ったものは
プロの目でもごまかせてしまうようなつくりでもあります。
また、ところどころ目立たない箇所にメッキの箇所を入れるなど、
全てが金ではないのにK18などの刻印が施されている悪質なものもあるのです。
では、これら金の真贋を見極める方法はあるのか?確実とはいえませんが、
ご自宅あるもので出来る調べ方はいくつか存在しているのです。
まず、磁石にくっつける
金は磁石にくっつかない貴金属です。もちろん銀など他にもくっつかない金属はあるので確実とはいえませんが、
これも簡単に出来る一種の判別方法だといえます。
ほかにも比重計といって、コレはよく鑑定士も利用している方法なのですが、
調べたい対象を水に沈めて比重を測定する方法があります。
ですがこの方法にも弱点はあり、比重がよく似た金属を使用している場合、
他にも宝石などを組み合わせたデザインのものや中が空洞になっている形状のものは
正確に計れないという弱点
があります。
なのでコレ一本では判断せずに、他の検査方法なども用いて査定を行います。
比較的手軽な方法として この二つは、ご自宅であるもので出来る検査でもあります。

 

貴金属のプロに見てもらう

確かにいくつかの方法で貴金属の真贋は調べることが可能ですが、
どれも素人判断の中ではあまりアテに出来ない方法です。
ではどうしたら真贋がわかるか?やはりプロの鑑定士に見てもらうのが一番なのです。
これらの検査方法の熟知、専門知識、そして一番確実である鑑定士の場数によって
査定が正確に行われています。
いままで何十点、何百点と貴金属に触れてきた鑑定士ですと、細かなメッキ細工にも触れただけで違和感を覚え、
そのものが 偽物か本物課の判断を行うことができます。
本物と偽物の違いを知っている人間だからこそ確実な判断方法がとれるものです。
そうなるとやはり、信頼できる店舗のベテランの鑑定士に見せに行くのが一番手っ取り早く、
一番確実な方法
となります。
一番地味な作業かもしれませんが、ルーペなどでじっくり観察する、
というのが一番正確な方法の場合も有ります。
比重等は金でも、表面の処理などが甘く結果偽物だったということもあり、
それについては細かいところまでしっかり見ないとわからないものです。
偽物も、全面的に作りが荒いわけではなく、細かいところまで見ないとわからないものがほとんどです。
それらを見極めるのはやはり経験を積んだ鑑定士の目だといえるでしょう。